パラリンアートの賛助会員となりました。

ブログをご覧いただき、誠にありがとうございます。
この度当社は、パラリンアートの賛助会員となりました。

これから様々な形で、障がい者アートを応援してまいります。

 

 

パラリンアートとは?

パラリンアートは、障がい者アーティストとひとつのチームになり、社会保障費に依存せず、民間企業・個人の継続協力で障がい者支援を継続できる社会貢献型事業のことです。
登録されているアーティストの数は、2017年12月現在で約550名となります。

アーティストの作品をアート利用していただくことで、その報酬を登録アーティストや障がい者施設へ支払われる仕組みとなっており、希望する障がい者の方は誰でも無料で参加可能です。

パラリンアートが果たす役割

障がい者の多くが抱える現状を改善したい。
たとえば、社会参加への周囲の理解の少なさや金銭的な困窮など…。

障がい者の多くが抱える課題を解決する方法は、依然として不足している状態です。
そんな課題の解決方法として、パラリンアートが存在します。


上記のような活動理念に賛同するとともに、これから応援していきたいと感じ、当社は賛助会員として活動していくことを決意しました。

登録アーティストにより作成された作品は、どれも素敵なものばかり◎
オフィシャルパートナーとして、ライセンス利用、企業コラボ・サービス、イベント、アトリエ教室の開催など、様々な活動方法と応援方法があります。

このブログを見て少しでもご興味を持っていただけた方は、ぜひ公式ホームページをご確認ください!

パラリンアート公式HP≫

応援企業紹介ページ≫


一覧ページに戻る