ブログ

災害に強い住まいへのリフォームアイデア

こんにちは、加藤工務店です。

暑い日が続いていますね。かと思えば激しい雨が降るなど、何かと気候に左右されがちな今日この頃、皆さまいかがお過ごしでしょうか?今回のテーマは「災害」を意識したリフォームのアイデアをご紹介します。これからの季節に多い豪雨や台風、停電にも備えあれば憂いなし、皆様の役立つヒントとなれば幸いです。

 

 

台風などが接近する前に備えておきたいことって?

夏は台風の接近や最近よく聞く「線状降水帯」などに伴なって発生する激しい雨や強風に注意が必要ですね。

本格的な台風シーズンが始まる前に、やっておきたいことをまとめてみました。

日頃から排水溝や雨どいのチェックを忘れずに

排水溝や雨どいは大雨の時に水の行き場がなくなってしまうと浸水の原因に。特に雨どいは落ち葉などが詰まると屋根のあちこちから水が落ちて外壁の汚れを招いたり、庭や地面が水浸しになったりして家の基礎を傷めてしまうことも。雨どいにごみがないか、ヒビや劣化がないかもチェックしておきましょう。

風で飛ばされそうなモノを安全な場所へしまうシュミレーションを

植木鉢、物干し竿、椅子などは家の中や倉庫などにしまっておくべきものをリストアップしておきましょう。自転車などもどこにしまうか、どこに固定しておくかも事前に考えておけば慌てることもありません。また、オーニング、すだれなども広げたままになっていないか、最後に雨戸やシャッターを閉めるなど、一つひとつの工程や順番も考えておくとよいでしょう。

台風や災害に備えるリフォームで取り入れやすいものは?

日常生活でも使えて、停電や断水対策にも備えられるユニークで便利な設備も最近多く登場しています。

停電時に便利なパナソニックの「足元見える灯」は、普段はナイトライトとして使用でき、停電時には自動で点灯して携帯しながら懐中電灯のように長時間使用することが可能です。

いきなり真っ暗になった場合でも、瞬時に視界を確保できて「点灯」で「転倒」を防ぐことができる便利な明かりです。

出典:パナソニックHP「毎日が、備える日。」

 

また、断水時などでもトイレが使えるパナソニックの「アラウーノL150シリーズ・S160シリーズ」では、停電時でも手動や乾電池を使ったボタン操作で水を流すことができます。

(水を入れる必要があるので、非常用水をポリタンクなどに貯めておくと安心です)

出典:パナソニックHP「トイレ:停電対策」

また、給湯器「エコキュート」などでは停電時に貯湯タンクのお湯が残っていれば、断水時にお湯や水が使えるタイプも登場しています。

出典:パナソニックHP「非常時にできること」

 

さらに、このエコキュートの専用アプリ「スマホでおふろ」には、あらかじめ選択した警報や注意報が発令された時に、自動わき揚げでたっぷりお湯を確保するという「エマージェンシー湧き上げ」機能が搭載されています。時代はどんどん進化していますね!

出典:パナソニックHP「非常時にできること」

このように、日常生活でも活躍しながら、いざという時にさらに便利な能力を発揮してくれる災害対策機能のある設備は、探してみると他にもたくさんあります。

ぜひリフォームの際に検討してみてはいかがでしょうか。

 

フェイスブック

遮熱塗装と断熱塗装で快適な室温&エコ生活

こんにちは、加藤工務店です。

異例の早さの梅雨明けを迎えた関東地方ですが、いきなりの暑さに追い打ちをかけるような電力不足のニュースに戸惑いを感じている方も多いのではないでしょうか?今回は、暑さを軽減する効果や、エアコンの設定温度を抑えて経済的に過ごせる遮熱塗装と断熱塗装についてご紹介します。

暑さを軽減する遮熱塗装と断熱塗装

遮熱塗装と断熱塗装、どちらも同じものだと思う方も多いかもしれません。屋根や外壁を塗装することにより夏の暑さを軽減させて室内を快適な温度に保ち、エアコン等の節電効果を発揮する、という点では同じと言えます。ですが細かいところで言うと、性質も目的もそれぞれ異なります。

その違いについて説明していきますね。

遮熱塗料と断熱塗料の違いとは?

遮熱塗装の特徴をまとめてみました。

・熱を反射して遮断する

・太陽光を反射して熱が壁に吸収されるのを防ぐ

の室内の気温上昇を抑える

 

では、断熱塗装の特徴はどうでしょうか。

・熱の伝導を絶つ

断熱することで室内と外気の温度差を生み出す

・夏は涼しく、冬温かくなるように室内の温度を保つ

 

違いを簡単にまとめてみると

遮熱塗装は太陽光を反射して抑える=夏向き

断熱塗装は熱伝導を抑えるの=通年向き

という事になります。

我が家はどっち?選び方のポイント

遮熱塗装・断熱塗装どちらがいいのかな?と迷った時はその効果やコストなどもまとめてみました。※塗料の種類や環境によって異なります。

夏場の室温

・遮熱塗装では室温を3℃~5℃程度下げる

・断熱塗装では2~3℃程度下げる

耐用年数

・遮熱塗装では約10~12年

・断熱塗装では約15年~20年

塗料の平米単価 

・遮熱塗装のほうが断熱塗料よりも安価

となっていて、断熱塗料のほうが通年の室内温度を調整する効果があり、耐用年数が長いぶん、コストは割高になります。ちなみに、室内温度が一度下がると、使用環境にもよりますが約10%の電気代が削減できるとも言われています。

一概に数字だけ見てみてもお家の立地や環境などによっても効果は変わってくる場合も多いです。どちらが我が家にはいいかな?と迷われた場合は、ぜひご相談くださいね。

加藤工務店では無理な営業は致しません!どうぞお気軽にお問合せ下さい♪

フェイスブック

こんなに便利♪今どきのシステムキッチンがすごい!

こんにちは、加藤工務店です。

今年の梅雨は例年より涼しいのかと思いきや、蒸し暑い日が続くようになりましたね。暑いとキッチンに立つのもおっくうになりますが、そんな気持ちも吹き飛んでしまうような最近の新しい機能がどんどん登場しているんです。

今回は、進化している便利なキッチンについてお届けしていきたいと思います。

センサーで水を出し止めできる自動水栓

最近では公衆トイレなどでも良く見かけるようになった自動水栓が家庭用のキッチン水栓にも登場しています。手が汚れた状態でもタッチレスで水を出すことができて水栓が汚れず衛生的。また水を止めたいときは手を引っ込めるだけなので水道代の節約にも繋がってとても便利になりました。用途に応じてお湯と水、浄水などもワンアクションで出すことができます。

出典:リクシルHP ナビッシュ

コンロやグリルもお任せ調理でお手入れラクラク

ここ数年でコンロやグリルも進化を遂げています。先進のコンロ・グリルは見た目も洗練されてるばかりでなく、自動調理機能が付いていて吹きこぼれを防ぎながら火力を自動調節する「麺茹で機能」、沸騰後に自動で保温、消火する「湯沸かし機能」、震度4以上の揺れを感知して自動消火する機能なども搭載されています。

またグリルもメニューに合わせて焼き具合を調節してくれるものや、専用のプレートと合わせてトースト、グラタン、ピザなどを焼いてオーブンのように使うこともでき、さまざまな調理が可能です。気になるニオイや煙も大幅にカットするスモークオフ機能も採用されています。

もちろんお手入れも簡単。水を使わずにグリルで調理を行うのはもちろん、フッ素加工が施されたココットを洗えばよいので分解したり焼き網の焦げ付きをこすり落としたりする手間がぐんと減って、グリルの清掃性は飛躍的に向上!気軽にグリル料理が楽しめます。

出典:リンナイHP デリシアグリレ

食器洗いもさらに便利に!

お片付けの食器洗いも、食洗器があるとラクラクですよね。食洗器のメリットは水道代の節約はもちろん、時短や手荒れからの解放といいことずくめ。2人家族でも、お皿やコップ以外にフライパンやまな板、包丁にグリル部品などもまとめて一度に洗えるのでとても便利です。

最近では食器量に合わせて自動で適切な洗剤量を自動投入するタイプや、庫内のニオイを抑制し、除菌機能が搭載されたタイプもあります。

ほかにも、ノックをするとドアが自動でフルオープンするタイプも登場し、塗れた手や汚れた手でも力を入れずに開けることができて便利になりました。

出典:パナソニックHP ビルトイン食器洗い乾燥機(食洗機)

これまでお料理は時間がかかるし大変なものでしたが、便利機能でお任せできることはお任せして、大変な部分を省略・時短できるキッチンにどんどん進化しています。

システムキッチンは大がかりな工事のイメージがありますが、部分的にリフォームが可能なものもありますし、場合によってはシステムキッチンごとリフォームしたほうが安上がりになる場合もあります。リフォーム前はどのパターンが良いかプロにご相談くださいね!

フェイスブック

珪藻土と無垢材で除湿!サラサラお部屋空間

こんにちは、加藤工務店です。

先日、関東甲信越地方も梅雨入りが発表されました。雨に打たれる紫陽花の花はとっても風情がありますが、気になるのは家の中のジメジメした湿気ではないでしょうか?

今回は、できるだけ自然の素材を使って除湿機やエアコンなど電力に依存しすぎずに心地よく過ごせる珪藻土と無垢材についてご紹介していきたいと思います。

昔から使用されている天然の素材「珪藻土」

※画像はイメージです

珪藻土、聞いたことはあるけど漆喰とどう違うの?という方もいるかもしれません。漆喰が石灰岩でできているのに対し、珪藻土とは植物プランクトンの仲間である藻が化石したものです。

漆喰は強度があり、水に強く、自ら固まる性質がありますが、珪藻土は固めるための材料が必要となります。質感としては漆喰がつるりとした仕上がりですが、珪藻土はマットな雰囲気に仕上がるのも特徴です。

珪藻土は、漆喰よりも水には弱いので室外には使いにくい素材ですが、湿度を季節に応じて適切な状態に調整する力が漆喰より高いので、湿気の溜まりやすい室内などに使用するのにはとても適しているのです。梅雨期には洗濯物の部屋干しの機会も多くなりますが、珪藻土が活躍してくれます。

また、アンモニア臭や生活臭などを吸着してくれるのはもちろん、化学物質を含まないため、アレルギー症状に影響を及ぼすリスクもとても低いというメリットがあります。

断熱性が高く、結露などを防ぐ力も備わっているので、窓を閉め切りがちな梅雨の時期ばかりではなく、冬場でも快適な室内環境を保ってくれるので一年を通して活躍してくれる素材といえます。

無垢材の床も調湿性に富んで、足元もサラサラ快適

 

※画像はイメージです

フローリングで注目されている無垢材は、そのナチュラルでおしゃれな見た目だけではなく、機能性にも優れています。

一般的なフローリングは、表面に塗料が塗られていたり、合板から作られていたりするものが多いのですが、このようなフローリングには調湿機能は備わっていません。

無垢材は天然木の風合いを残して作られているからこそ、まるで呼吸をしているかのように夏場は湿気を吸収し、冬場は水分を放出してお部屋に適度な湿度を保つことができるのです。また、天然木の素朴な風合いは夏のジメジメ期には素足もさらっとした感触、冬場は柔らかい温もりのある感触で過ごせるのも特徴ですね。

経年劣化を楽しむ素材でもありますので、住むごとに味わい深さや愛着が感じられるという良さもあります。

お手入れが大変なのでは、という疑問にお応えします

 

※画像はイメージです

珪藻土と無垢材の調湿効果についてお話しましたが、デメリットもあります。両方とも、水に弱いのでシミや汚れができやすいという点です。とは言え、お手入れはそこまで神経質になるほどではありません。また、色目の濃い材質を選ぶことで目立ちにくくなります。どうしても気になる場合は、珪藻土はシンク周辺などの水撥ねしやすい部分をタイルなどにしておいたり、壁の腰板より上の部分や天井に使用する、というように取り入れる場所や位置などを工夫することでも汚れにくさを回避できます。無垢材はジュースなどをこぼしたら素早くふき取るのは通常のフローリングと変わりませんし、ワックスがけの代わりに必要であればオイルなどで保湿を行います。また、無垢材は床でなくても食器棚やテレビ台などの家具で取り入れるというのも一つの手です。

ナチュラルで心地よく、一年を通して快適さと癒しを与えてくれる珪藻土や無垢材。デメリット以上の魅力を備えているというのも事実です。ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

フェイスブック

風通しを良くするサッシ・網戸・窓辺の工夫

こんにちは、加藤工務店です。

気候の良いこの季節。窓を開けて過ごす日も多くなってきたのではないでしょうか?

家は、風を通して換気をすることで熱や湿気を排出し、大切な住まいをカビなどから守り、長持ちさせるのに大切だという事は皆さんもご存知だと思います。ですが、家のつくりや周辺環境などによってはうまい具合に風が入らない、また窓を開けておくのは防犯面でも心配という方もいらっしゃるとことでしょう。

今回は、上手に風を取り入れる「窓」「サッシ」などについてお話していきたいと思います。

家に新鮮な空気を取り入れる、開口部の換気のコツ

換気を効率的に行うためには、風の入口と出口をつくること。1つだけ窓を開けるより、複数の窓を開けることで風の通り抜ける道ができ、家全体に空気が行き渡りやすくなります。

特に、風向きに対して直角方向にある窓を開けるのが効果的ですが、引き違い窓だったり、窓のすぐ前に隣の建物の壁などがあったりすると風は入って来づらくなってしまいます。

そんな時は、窓の外側にL字型のひさしを付けることで風を取り込む効果が高くなります。自分でも作ることもできますが、スタイリッシュなデザインの窓専用のL字状型ひさしなどのサッシも販売しており、リフォームで取付けもできます。

画像引用:YKKapHP「キューブシェード」

また、採光用の開かないFIX窓や、一般的な窓に使われている引き違い窓などを、風を取り込む効果の高いウインドキャッチ連窓縦すべり窓に換えて風の通り道を確保するという方法もあります。

画像引用:LIXIL HP「お部屋に合わせた窓選び」

その他にも、最近では通風・防虫・眺望性が高い、細い糸の網戸や、玄関ドア専用網戸なども登場しています。

画像引用:YKKap HP「ドアリモ玄関ドアD30」

また、通風ができるタイプの玄関ドアもあり、施錠したままでも玄関の換気を行うことができます。においが気になりがちな玄関が換気できるのはうれしいですね。また、暗くなりがちな玄関周りを明るくするというメリットも付いてきます。

画像引用:YKKap HP「ドアリモ玄関ドアD30」

窓を開けっぱなしにしておくのが心配、という方には閉めていてもしっかり風を通しつつ、視線を遮ることができるルーバー(目隠し)タイプのサッシもありますので、ご家庭にあった風の通り道をつくる方法を見つけてみてくださいね。

いかがでしたでしょうか?効果的な換気のための窓やサッシまわりについてご紹介してきました。風通しを良くして、カビやダニ、嫌なにおいなどを防ぎ、住まいも心も快適に過ごしていきたいですね。まずは、住まいの風の通り道が確保できているかどうかをチェックすることから始めてみてくださいね。

フェイスブック

梅雨入り前に!外壁・屋根・雨どいのチェックは今がベストです♪

こんにちは、加藤工務店です。

風薫る5月、何をするにも心地よい季節となりました。梅雨に入る前で、暑くなる前のこの爽やかな時期は、お庭に出てちょっと我が家の状態をチェックするのにもぴったりの季節。

雨漏り、ひび割れ、外壁の修理は、梅雨の時期になると、雨漏りの心配や、雨による家の内部の劣化を招きますが、梅雨前であれば工期も短く、足場などをかける時間が短くて済み、お家の日当たりが余計に悪くなってしまうことも回避できるのです。

今回は、ささっとセルフチェックできるポイントをご紹介していきます。

お家のささっとパトロールは大切なお家の健康診断

お家は決して安い買い物ではありません。できるだけ長く快適に過ごすためにはこまめなチェックが必須です。知らない間に大がかりな修理が必要となってしまった!とならないためにも日々のささっとパトロールは習慣化しておくことをオススメします。

チェックしておきたい項目をまとめてみました。

【外回り編】

□外壁のひび割れ

□外構・庭の水回りのひび割れや劣化

□雨どいの劣化

□玄関ドア・門扉の歪みや立て付け

□インターホン・玄関灯・外灯の故障

一度に全部チェックしなくても、数日に分けてチェックすれば面倒ではありません♪

【室内編】

□天井・クロス・サッシまわりが浮いたり湿ったりしていないか

□ベランダのコンクリートやコーキングのひび割れ・劣化

□屋根裏や床下がカビ臭くないか

また、外から家の中に入った時にも次のことに気をつけてみてください。

□室内やクローゼットがカビ臭くないか

 

これらを定期的にチェックすることで、雨漏りによる家の劣化を早期発見することができます。

 

ただ、家の中でカビ臭などがある場合、見えないところで雨漏りが発生している可能性が高くなっていますので、業者による点検を依頼したほうが良いかもしれません。

加藤工務店では雨漏りに関する様々な点検を行っています

その1「無料現場調査」

1~2時間の簡易な雨漏り点検を無料で行っています。

もし、雨漏りの可能性が高そうである場合はご相談の上、NPO法人雨漏り診断士協会認定の雨漏り診断士による有料の散水調査も実施しています。

散水調査は有料となりますが、半日から1日かけてどれだけの水が漏れるかを絞り込む調査が可能です。費用は書類作成費込で5万円~(税別・足場組立費用別途)ですが、調査で雨漏りが見つからなかった場合の「診断費用」についてはお返ししています。

その2「ドローンによる屋根点検」

高精度カメラを搭載した新型ドローンによる屋根点検を初回無料(通常28,000円)で行っています。操縦士は国土交通省航空局の許可を取得しており、万が一に備えドローン専用保険にも加入しているので安心です。点検は約20分~程度で調査員は屋根に上らず、パソコン端末上の画像でご自宅の屋根の様子を確認することができます。

雨漏りは、見えない壁の中や天井裏に知らない間に水が浸入し、腐食や錆付き・カビなどによる基礎の劣化など、2次的な災害を招く場合もあります。放置すれば工事も大がかりになり、工事費用もかさんでしまいますので、セルフチェックによる早めの発見が大切です。

 

雨漏りかな?と心配な時や、ご自身でチェックできない高い場所や屋根などで不安な時は、プロの技術を利用してみてくださいね。

フェイスブック

ゴールデンウイーク期間の休業のお知らせ。

 

当社では誠に勝手ながら、 2022年4月29日(金)~5月5日(木)
までのゴールデンウィーク期間を休業とさせていただきます。

 

※大変恐縮ではございますが、期間中のご用向きにつきましてはご対応できかねますことをご了承いただきたく存じます。

また、休業期間中に頂きましたお問い合わせに件に関しては、

令和4年5月6日より順次ご対応させていただきます。

お客様にはご不便をお掛けいたしますが、ご理解ご了承賜りますようお願い申し上げます。

フェイスブック

光と風を届けるフェンスでお庭のプライベート感をアップ♪

こんにちは、加藤工務店です。

この前桜が満開になった、と思ったらハナミズキ、モッコウバラなど次々と春の花が開花して、まさに春真っ盛りですね。そよ風が心地よく、部屋の窓を開けて過ごす日も増えてきたことと思います。そんな時期、急に気になってくるのは外からの視線ではないでしょうか?せっかくのこの心地よい季節、めいっぱい満喫したいですよね。今回は、プライバシーを守りながら、光と風を届けるフェンスをご紹介していきたいと思います。

こんなお悩み、ありませんか?

□道路や隣家からの視線が気になってカーテンをいつも閉めている

□フェンスで庭が暗い雰囲気になってしまうのがイヤ

□生垣の手入れが面倒になってきた

□防犯対策がしたい

目線を隠すために、家の周りをブロック塀や高さのあるフェンスなどで囲んでしまうと、暗くなって風通しも悪くなってしまうばかりか、なんだか圧迫感が出て印象が今ひとつになってしまった…という失敗談をよく聞きます。最近は、ほどほどに目隠しできるタイプ、光を通す素材、風を通す構造などの優秀なフェンスが登場しています。

光を通して明るい空間を演出

引用:タカショーHP「エバースクリーン」

半透明のポリカーボネートで部分的に仕切りを入れたり、囲んだりと必要な部分に目隠しをすることができます。明るさとプライべートを確保したい方におすすめです。

程良く目かくししながら光と風を採り入れる

引用:タカショーHP「ホームヤードルーフ カーヤードスタイルでつくるデザイン性の高いスペース」

フリーポールフェンスは、視線を遮りながらも、採光性も通気性も確保したいという方におすすめです。圧迫感を感じさせないデザイン性の高さも人気。

上からの目線であれば、テラス屋根で遮るという方法も

引用:タカショーHP「ポーチスカイルーフと目かくしフェンスをスタイリッシュに白でコーディネート」

隣家にマンションやアパートがある場合には、庭にテラス屋根を付ければ解決するという場合もあります。ルーバータイプなら光や風の加減の調節も可能です。

フェンスを選ぶときのポイント

いろいろな種類があって迷ってしまうフェンスですが、採光・風通しを重視する場合は以下の点に気を付けましょう。

・隠したい箇所を把握する

必要以上に囲んでしまったり、高さを出してしまったりすると景観の邪魔になってしまうほか、圧迫感を感じて、建物とのバランスが悪くなることも。また余計なコストがかかってしまう場合もあるので、隠すポイントをしっかり把握することが大切です。

・防犯を意識するなら、囲い込み・目かくしをし過ぎない

塀などで家の周りをしっかり囲みすぎてしまうと、逆に空き巣に狙われやすくなるのも事実です。一度フェンスを越えてしまったら、外から何も見えないと逆に空き巣にとっては好条件に。程良い目かくし、程良い高さが空き巣に狙われにくいポイントになります。

 

いかがでしたでしょうか?

今回は、光と風を届けるフェンスについてご紹介いたしました。素敵な春の光と風をのびのびと感じるプライベート空間づくりの参考にしていただければ幸いです。

フェイスブック

内装材・壁紙の価格高騰とまらず、サンゲツ4月1日から受注分が一斉値上げに

こんにちは、加藤工務店です。
今回はリフォームに関連する時事ニュースをお伝えしていきます!

大手内装材商社として、壁紙で国内シェア約50%を占めるサンゲツが、2022年4月受注分から18%から最大で24%に価格を上げることがニュースになり、注目を浴びています。

対象は、壁紙や床材などの商品約1万2000点で、ほぼすべての商品となるとのことです。

画像出典:サンゲツHPより

実は、サンゲツは2021年9月にも製品の価格を13~18%値上げしていて、半年ほどでまた値上げせざるを得ない状況になっています。サンゲツは1953年の創業以来、今回を含めて6回しか値上げをしていないメーカーですので、これはかなり異例の事態と言えるでしょう。

先日お伝えしたシステムキッチン、給湯器、その他にも木材やコンクリートなど、住宅系資材・商材メーカーの価格にも大きな影響が出ています。

これまで、海外の工場の電力不足などにより、半導体不足、樹脂の供給が追い付かないことなどで、新車がなかなか納車されないなどの事態が起きていますね。聞いた話ではトヨタの人気車種ランドクルーザーの新車の納品が1年以上待つ、なんてこともあるようです。

日経XTECHの情報によると、原料価格の高騰や物流コストが高騰だけではなく、内装業界で続いた低価格競争なども慢性的な課題となっているようです。業界全体の価格のあり方なども今後見直される可能性が出てくるのではないでしょうか。

今後も、リフォームや住宅関連の資材の価格の値上げが続きそうな展望となっています。

もしも、近いうちにリフォームをお考えの方は、いざという時に、資材が調達されない、資材の価格がものすごく高くなってしまった、などの可能性もなきにしもあらずです。

そのことも見据えて計画をされるのが良いのではないかと思います。

フェイスブック

12345...1020...