ブログ

注目の「遮熱塗料」で涼しく夏を乗り切ろう!

こんにちは、加藤工務店です!

関東地方もいよいよ梅雨入りで、夏本番も目の前となってきましたね。

まだまだエアコンをしなくても過ごせる日もありますが、梅雨が明けたらまたあのエアコン生活が到来です。。。そこで今回のテーマは、「遮熱塗装」についてクローズアップ!

初めて耳にする方も多いと思いますが、エアコンをできるだけ使わずに過ごしたい方や、省エネに興味のある方にオススメの塗料として注目されている、そんな遮熱塗料についてお話していきたいと思います。

▼「遮熱塗料」ってどんなもの?

遮熱塗料を簡単に一言で言うと、「太陽光を反射して、室内の温度を快適に保つ塗料」のこと。屋根や外壁、屋上などに塗装することができます。

遮熱塗装を屋根に施工した場合、最大で15~20度の屋根表面温度を低減させることができて、室内では3度くらい温度を下げる働きがあり、夏場の室内の温度を快適に保ってくれるのです。

たった3度?と思うかもしれませんが、エアコンの温度設定で考えてみましょう。寝る時に28度で設定して眠るのと、25度で設定して眠るのでは体感差がありますよね。3度の差は結構大きいです。

一度塗装すると、10年から20年の耐用年数があり、一般的な塗料よりも長持ちするのも特徴。日本の宇宙ロケット開発技術にも応用されているなど、先進の断熱技術を利用した塗料と言えます。

 

▼遮熱塗料のメリットってズバリなに?

※画像はイメージです

室内温度を快適に保ってくれるほかにも、メリットがあります。

・電気代の節約

・一般の塗料に比べ、耐用年数は1.5倍~2倍長い(※商品や環境により異なります)

・熱による屋根や外壁の劣化を防ぎ、寿命を延ばす

・屋根材吹き替えや遮熱シートによる断熱方法に比べて、手軽で安価に施工できる

などのメリットがあります。

ほかにも、ヒートアイランドの抑制など、地球や社会の環境を守ることにも貢献できるのもメリットのひとつですね。

国や自治体の省エネ・環境対策施策のひとつとして、助成金等の対象商品でもあるので、

自治体によっては補助金の給付金制度も利用できる場合があります。

【特にこんなお住まいの方にオススメ】

□屋根材が金属やスレート材など、熱を室内に伝えやすい家

□2階にリビングがある家

□屋上がある家

□3階以上など高さがある家

□濃いめの色の建材を使っている家

□吹き抜けや天窓がある家

□高齢者や小さなお子さんがいる家

▼塗料を選ぶときに気を付けおくと良いことは?

メリットも多くありますが、気を付けておきたいポイントも紹介しておきますと

・一般の塗料よりも費用は1.5倍~2倍と高め

・色により効果に違いが出る場合がある

・塗装した面が汚れると効果が落ちる

このような点もありますので

遮熱塗装を選ぶ際は「日射反射率が良い」こと「汚れにくい」ことに気を付けて商品を選ぶと良いでしょう。

2018年には反射率や、断熱・放熱を測定して、商品を比較検討しやすいようにJIS規格が設けられていますので、選ぶ際の比較ポイントが以前よりわかりやすくなっています。ぜひ参考にしてみてください。

「遮熱塗装」は、一般的な塗料に比べ、塗りムラなどが起きやすく、塗装の際に熟練した技術が必要になります。もし検討する時は、遮熱塗料の取り扱いが多い業者に依頼することをオススメします。

もちろん!加藤工務店は多くの遮熱塗料の施工を行っておりますので、安心してご相談くださいね!

 

 

フェイスブック

工事完了アンケート

貴重なご意見ありがとうございます(^^♪これからも益々精進して参ります。

この度はご依頼いただきましてありがとうございました(^-^)

フェイスブック

雨や日差しを遮り、プライベート確保も!魅力のオーニング&サンルーム

こんにちは、加藤工務店です。

紫陽花が街の随所で見ることができるようになりました。梅雨や夏の兆しを感じる日も多い今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?

これからの季節、雨が続けば洗濯物や布団を干したり、晴れた日は暑い日差しから室内を涼しく保ったりするのが大変な時期になりますね。

そんな時期に、「あると生活が一変するほど便利で快適」になるオーニング&サンルームをご紹介したいと思います♪

画像出典:リクシル公式ホームページ ガーデンルームGFより

▼オーニングとサンルームとは?

簡単に説明すると、オーニングは「ひさし」のようなもの。古くから日本の家にはひさしや軒を構える家があり、人が集い、日常作業の場として重宝されてきました。

現代では、布、化繊などで雨や直射日光や紫外線を遮り、夏はひさしを広げて日よけにして、冬はたたんで日光をふんだんに取り込むなど、フレキシブルなのがオーニングの良いところ。風や光を調整しながら、夏も涼しく過ごせる、エコロジーな暮らしに寄り添うアウトドア空間です。

↓リクシルのオーニング彩風(あやかぜ)

画像出典:リクシル公式ホームページ彩風(あやかぜ)より

一方、サンルームは、オーニングよりもう少し「お部屋」に近い形状で、屋根や開口部をガラス張りのようにして、太陽の光を取り入れられるようにしたスペースのこと。

外部と部屋の間にワンクッション空間を設けることで、部屋に雨や直射日光が入るのを防いだり、冬は日向ぼっこをしたりと、住居の延長として活動空間を増やせる便利な空間です。
↓リクシルのサンルーム ガーデンルームGF

画像出典:リクシル公式ホームページ ガーデンルームGFより

どちらも、室内と外を緩やかに繋ぎながら、雨や日差しをコントロールすることで、部屋を快適に保つことができ、省エネ効果も期待できるスグレモノ。また、カーテンや家具、床などの色ヤケを防ぐだけでなく、外部からの目線を遮り、プライバシーの確保ができるのも魅力です。

お子さんやペットがいるお宅や、ガーデニングが好きな方にも大活躍する空間づくりが可能です。

▼オーニングのメリットって何?

オーニングは、外壁に固定されていても、折り畳みができることで季節や時間により、日よけや目隠しの調節が自在な点が一番のメリットです。

画像出典:リクシル公式ホームページ彩風(あやかぜ)より

リクシルの公式ホームぺージによると、画像のオーニングは日差しをよけることで冷房費は約1/3に節約にも繋がるのだそう。

また、そよ風や開放感を感じながらお庭やベランダでバーベキューやプールを楽しむこともオーニングならでは。

洗濯物を干している時に、雨が多少降ってもビショビショになってしまうということも回避できるのも嬉しいですね。

オーニングはこんな人にオススメ

□窓の外のプライバシーが気になる人

□手軽に日よけや雨よけを設けたい人

□開放感を感じながらお庭やテラスなどで過ごしたい人

▼サンルームのメリットは?

サンルームは、開口部に鍵やロックが付いているものも多く、よりお部屋に近い状態なので、室内のように使えるのが最大の魅力。

洗濯物や布団がいつでも干せるので、共働きのご家庭でも重宝します。洗濯物干し場も想定した、「採風ドア」や「縦すべり出し窓」など換気機能が充実したタイプもあります。

画像出典:リクシル公式ホームページ ガーデンルームGFより

また、お子さんの遊び場や、ペットの飼育場、お昼寝場としても、開放感を楽しみながら半分家、半分外の両方のメリットを享受できるもの嬉しいところですね。

夏は暑いのでは?窓掃除が大変では?という方もいるかもしれませんが、換気や日差しをカットするもの、汚れ落とし機能が付いたオプションもあります。

サンルームはこんな人にオススメ

□共働きなどでいつでも洗濯物や布団を干したい方

□明るく安全なくつろぎ空間が欲しい人

□小さなお子さんやペットがいる方、趣味のスペースが欲しい方

▼施工はタイプによっていろいろ。お見積りはお気軽に!

施工料金はタイプによって様々ですが、オーニングのほうが一般的にサンルームより安価で設置が可能です。

床はフローリング、ウッドデッキ、土間など、住む方のご要望に合わせて設計できるほか、バルコニーがない家にも脚を建てて作る方法などもあり、オプションもいろいろ。

画像出典:リクシル公式ホームページ ガーデンルームGFより

これから梅雨や夏本番に向けて、気になる方はまずは一度いくらくらいかをお見積りをしてみるのをおすすめします。

加藤工務店では、無理な営業は一切いたしません。

また、安全な工事と明確な見積もり、そして信頼を第一に、多くの実績を誇る地域の工務店として、お客様のベストの形を追求し、価値の高い空間創りをお手伝いいたします!

 

フェイスブック

平塚市T様邸 キャットウォーク付けちゃいました(*´▽`*)

皆様こんにちは❣

加藤工務店山岸です(‘◇’)ゞ

随分暖かくなってきましたね~動くにもちょうどいい季節ですね❕

という事で、この度平塚市のT様

大事な家族の猫ちゃんにも快適に、そして運動のために

キャットウォーク付けちゃいました(≧◇≦)T様邸のお猫様(^^♪可愛いですね~

こちらが取り付けたキャットウォークです!お客様がお気に入りの商品をご購入されて、それを加藤工務店で取付致しました(#^^#)

既にお気に入りです~猫ちゃん達も喜んでくれているようですね~(≧◇≦)

こんなショットも頂きました❕ほっこりしちゃいますますね~癒されますね~(´艸`*)

 

キャットウォーク以外にも色々な工事も行っておりますので、

ぜひ興味のある方加藤工務店へご相談下い(^o^)/

 

この度はご依頼頂きありがとうございました

 

 

 

フェイスブック

工事完了アンケート

この度貴重なご意見ありがとうございました。

今後お客様の声を真摯に受け止め加藤工務店全社員精進してまいります。

今後ともよろしくお願いいたします。

 

ご依頼ありがとうございました

フェイスブック

知らないと損をする!雨漏りは早期発見が重要です

こんにちは、加藤工務店です。

爽やかな新緑が街角や軒先でも目に留まり、心安らぐ光景を楽しむ時節となりましたが、すでに関東以西では梅雨入りが始まったエリアもありますね。

梅雨入りまで、まだしばらくこの陽気が楽しめそうですが、今回は梅雨に向けて、知っておくべきお役立ち情報「雨漏り」についてお送りします。

▼雨が天井からポタポタ落ちてきたときは実はもう末期状態!

え!っと驚く方もいらっしゃるかもしれませんが、大昔と違い、現代の住宅は建てるときに雨水が建物に侵入しないよう、防水シートによる処理や雨水路の確保などを行っているのが基本です。

多少のヒビや錆などではそう簡単に家の中に水は入って来ない構造になっています。

ですので、家の中に水が滴ってきている段階では、かなり雨漏りは建物の中で進行している状態と言えます。

 

雨漏りは、見えない壁の中や天井裏に知らない間に水が浸入し、腐食や錆付き・カビなどによる基礎の劣化も招きかねません。修繕が遅れると工事も大がかりになり、工事費用もかさんでしまいますので、早めの発見が大事なのです!

▼雨漏りは、屋根からだけではなかった!

雨漏りと聞くと、天井にシミができて、そこからポタポタ水が落ちてくる、そんなイメージの方も多いと思います。

 

もちろん、屋根の瓦やスレートにヒビなどが入り、そこが雨漏りの根源となる場合もあります。ですがそれ以外にも、、、

のモルタルやタイルのヒビや隙間、コーキングの劣化した部分からの雨漏り

エアコン・給湯器・通気口などの壁穴からの雨漏り

窓格子・出窓・サッシ・雨戸・玄関ドアなどの周囲の劣化・ヒビ割れからの雨漏り

ベランダ・屋上など平らな部分のコーキングの劣化による雨漏り

排水溝・雨どいの詰まりによる雨漏り

 

と、屋根以外のたくさんの場所から雨漏りは起きていますので注意しましょう。

▼もしかして、雨漏り?自分でチェックする方法は?

では、目に見えず、知らず知らずのうちに忍び寄る雨漏りを予防するために、日頃から気を付けておきたいポイントをご紹介します。

□天井や壁にヒビやシミがあるか

□雨が降った後にカビ臭くなるか

□結露している時の水の量が多く感じるか

□ベランダ・バルコニーなどの排水溝に落ち葉やゴミが貯まっていないか

□屋根の修繕から10年以上経過していないか

□エアコンや通気口など、壁穴のコーキングに劣化はないか

 

まずは自分で日頃からこのような点に気を付けておくと、雨漏りの早期発見に繋がります。

ちなみに、防水塗装の耐用年数は、一般的には約5年と言われています。屋根よりも耐用年数は短いのでそこも気を付けておくと良いと思います!

 

▼加藤工務店の無料雨漏り診断もご活用ください

自分でチェックできるポイントもご紹介しましたが、なかなかご自身でチェックできない高い場所や屋根などで不安な要素がある時は、プロに任せたほうが安全・安心です。

加藤工務店では、現場調査(約1~2時間)を無料で行っています。

 

また、雨漏りの可能性が高そうな場合は、NPO法人雨漏り診断士協会認定の「雨漏り診断士」の有資格者スタッフによる雨漏り診断も行っています。

この診断は有料となりますが、散水調査でどれだけ水が漏れるかを絞り込む確認作業を半日から1日かけて行います。

こちらは書類作成費込み5万円~(税別・足場組立費別途)で、もし調査で雨漏りが見つからなかった場合は診断費用はお返しいたします。

 

雨漏りは、早期発見が重要ですので、梅雨前に雨漏りの不安を今のうちからチェックして、スッキリ解消しておきたいですね。弊社の無料診断などもぜひご活用してみてください!

 

フェイスブック

工事完了アンケート

貴重なご意見有難うございました‼

この度はご依頼ありがとうございました(*^_^*)

フェイスブック

工事完了アンケート

貴重なご意見有難うございました‼

この度はご依頼ありがとうございました(*^_^*)

フェイスブック

工事完了アンケート

貴重なご意見有難うございました(^^♪

この度はご依頼ありがとうございました(*^^*)

フェイスブック

12345...10...